高齢者レクリエーション | 高齢者のレクリエーションについて




高齢者のレクリエーションについて

最新ニュースピックアップ
厚労省が発表した07年度高齢者虐待の件数が、なんと1万3300件にのぼることがわかりました。 これは恐ろしい数字です。
都道府県や市区町村で調査した結果、前年度の数字より712件増えているとのこと、 この数字はまさに現代の社会の構図を表した数字ではないでしょうか。
この数字の内訳は、

<家族や親族から虐待を受けた高齢者のうち>
女性が77.4%
80歳以上が50.6%

<虐待の内容>
殴るなどの身体的虐待63.7%

<加害者>
息子40.6%
夫15.8%

この数字、皆さんはどのように感じるでしょうか?



健康には一番気を使いたいものですね。

体力に合ったトレーニング、していますか?
自分で立って、歩いて、これひとつで若返りできる!高齢になればなるほど肉体の衰えが心配になります。

一番の健康法は、歩くこと、ウォーキングです。
一番手軽で簡単に誰でもできる運動が歩くこと、これを常日頃からやっているとほんとに健康になってきます。

ホスピスに演奏に行くことになりました。どんな曲がいいのでしょうか?
今話題の音楽療法って知っていますか?痴呆性高齢者への接し方のポイントって知っていますか?

社会における高齢者
高齢者のレクリエーションを考えるにあたってまず社会全体を考えてみると、現代では、所得性向の向上とともにこの高齢化社会は、 いずこの先進諸国にもやってきて悲喜こもごもの社会現象を引き起こします。

セカンド・ライフ
が、いよいよ日本にもその現象が目に見えるようになってきました。団塊の世代がセカンド・ライフを迎える数年後から始まる日本らしい高齢化社会はどの様なものになるのでしょうか。

高齢者のレクリエーション
そしてそれは自身の生活、そして高齢者のレクリエーションにも影響を与えることだと思います。

地域コミュニティの再構築
長い鎖国時代に蓄えてきた様々な知恵が活かされ、これから続いてくる国々にこれこそ新しい時代の高齢化社会であると人間らしい高齢化社会を構築し、 そこに人間の尊厳と正義と人間らしい癒しが感じられる本物の生き甲斐を求めるための地域コミュニティの再構築をすることによって、 高齢者の生きがい、高齢者のレクリエーションにも影響を与えます。地域みんなの力を合わせる道筋からよりよい高齢化社会が始まります!

生きがいを求める時代
こんな時代だからこそ、高齢者のレクリエーションを考え、その生きがいを求める時代になってきています。

地域ぐるみの高齢者対策

高齢者のレクリエーション、生きがいを求めて(はじめに)
高齢者レクリエーションと生きがい!不安のない老後生活へ
高齢者レクリエーションをする前に考える、高齢者の経済的な悩み
高齢者レクリエーション環境、高齢者の生活環境への悩み
高齢者レクリエーションを支える、高齢者と地域社会への依存と期待
高齢者レクリエーションを支える、高齢者と地域コミュニティの組織化
高齢者レクリエーション組織、集団化五原則と中間法人
高齢者レクリエーション組織論1、まちづくり主体としての地域コミュニティが行う集団化の原則
高齢者レクリエーション組織論2、中間法人によるコミュニティ構成員の共通利益の達成
高齢者レクリエーションの集団、高齢者の芸術・趣味・勉強の集まり 1
高齢者レクリエーションの集団、高齢者の芸術・趣味・勉強の集まり 2
高齢者レクリエーションを取り巻く環境、高齢者の安全と防災
高齢者レクリエーション力、地域自ら地域の安全を確保するコミュニティ力
高齢者レクリエーション環境社会、シルバー世代を支える社会へ
高齢者レクリエーション地域環境、生活支援ネットワークの構築
高齢者レクリエーションの安全、医療・健康保持ネットワークの構築
高齢者レクリエーション環境、安心安全で快適な街・住まいづくり
高齢者レクリエーション環境、快適な環境
高齢者レクリエーションと住宅、共同居住施設の機能を考える
高齢者レクリエーションと共同施設、居住施設の共同共有機能の内容
高齢者レクリエーション、生きがいを求めて


社会問題となっている高齢者対策

高齢者のレクリエーションを考える。
日本の老年人口(65歳以上)の割合が21%を超えたそうです。 その一方年少人口(15歳未満)は13.6%で過去最低になったことが2005年国勢調査で明らかになりました。小子高齢化社会がますます近づき、世界で最も深刻な日本になってきています。

背景には様々な問題
高齢者のレクリエーションを紐解くには、実はその背景には様々な問題を抱えています。 雇用・求人など法制度について、また福祉、介護、サービスについて、また自身の身体の病気、ケア、医療について、終の住処としての安定した安全な住宅、 マンションについて、高齢者のレクリエーションにはどのようなものがあるか、食事にはどういった点に気をつけていけばよいか、また遊びやスポーツ、そして健康を維持していくには、、、

高齢者の性生活(セックス)
昨今高齢者の虐待も社会問題化しています。また人があまり語りたがらない、高齢者の性生活(セックス)について、このサイトでは、こういった様々な問題点を真正面から取り組んでいきます。 高齢者にとって、老後の生活の心配毎は尽きません。 まず経済的な余裕ある生活資金が確保できているか、どうか。退職金、年金、貯蓄、株投資などの運用による余力ある生活資金をしっかり確保しなければ、 せっかく余生を楽しみたくともまた再度働かなくてはなりません。

行政対応は後追い
このような雇用に関する法的な制度も徐々に整備されてきていますが、如何せん行政対応は後追いとなります。 お年寄りの智慧と経験は、地域の財産とも言えます。 せっかくこのような貴重なノウハウを持っている方を生かさない手はないでしょう。

後世に伝える重要な人材
海外では、地域の歴史、文化を後世に伝える重要な人材として地域歴史館などの雇用に役立てていますし、しっかりとした技術を教える講師としても活躍しています。 日本においてもこういった事例を元に積極的な市町村ではやっています。

地域ぐるみでの支援活動
こういった取り組みは、行政もしっかりバックアップする必要もありますが、民間企業における姿勢も大事だと思いますし、更にもっと重要なことは地域ぐるみでの支援活動だと思います。 NPO、ボランティアなどに参加するお年寄りが増えてきているのもそういった表れですね。

高齢者のためのレクリエーション
高齢者の虐待
高齢者の雇用、高齢者の求人
高齢者の福祉、高齢者の特徴
高齢者の介護、サービス
高齢者の医療、ケア
高齢者の住宅マンション、賃貸住宅
高齢者の食事
高齢者の性生活(セックス)
高齢者のリハビリテーション
高齢者その他

高齢者レクリエーションの悩み解決

お年寄りの住宅問題
お年寄りの住宅問題も無視できません。 子供達が巣立ち、老夫婦二人では広すぎる家をどうするか、更に土地建物などの財産管理の問題は特に地方にいくほどその問題は相続税などもからみ、重要になってきます。

フランスのビアジュ制度
フランスのビアジュ制度やアメリカや日本の武蔵野市などが行っているリバースモゲージ制度の融資制度のより発展した形の生活資金融資も今後期待されます。 そして忘れていけないことは、高齢者となった方が何を求めているか、になるでしょう。

しっかりとした生きがい
仕事を退職し、育児も離れ、自分が何をしたらいいのか、どうしたいのか、つまり 「しっかりとした生きがい」 を持つことが大切でしょう。 最近は、老人の孤独死という悲しいニュースも取り上げられてきています。

生きがいのもてる場と人
核家族化、地域での人間関係の希薄などいろんな原因が考えられますが、これらの解決には、つまりは人とのふれあい、そしてそれができる地域づくりでしかなし得ないのではないかと思います。 趣味、スポーツ、仲間とのふれあいなど、明日への希望を持てる活動の場を周りも協力し、そういった生きがいのもてる場と人を作り上げていく必要があります。

福祉医療サービスの充実
また医療においても、かかりつけの医者の確保、訪問医制度の充実、近隣での診療所クリニックの設置、ホスピスの整備などが今後大いに期待されます。 日常での支援活動や福祉医療サービスの充実、地域まちぐるみでのこういった取り組み姿勢を手遅れにならないようにやっていきたいですね。